GNO2 単垢VPの戦い方

単垢の為のバイブルを目指したVPブログです。
当ブログは左のサイドメニュー「カテゴリー」から閲覧する事を推奨とした作りとなっております。
原則としてリンクフリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Tec13です。
ジオンでは何と言ってもドム・キャノンの発売日ですよ!


Tec13と時を同じくして、7作戦目サイド5掃討作戦が開始しています。

進行度は50%スタートで、前作戦とは打って変わって競合はジオン有利補正が掛かっています。
楽観視はできませんが、進行率も鈍めですし今回の作戦ではジオンが防衛できるかもしれません。




私が引退している間にスキルやMSやカスタム機など色々と追加されました。
その中でも格闘専門化と、今回のドム・キャノン
これらがVPへ与えた影響は計り知れないと聞き及んでおります。

ドムキャノン
ドムキャ

”ドム・キャノン”

「ジオンVPを変えた機体」


85×2の高火力は、搭載18の支援機ということであれば標準よりやや高め程度。
注目すべきは 基本命中+19 で、ここにドムキャ最大の特徴にして最大の魅力があります。
他に基本命中が+19なんてMSは存在しておりません。
現状ではドムキャの為だけに用意された規格となっています。

先制値はそれまでの主力支援機だったザクキャやギガンと比べて4つも高く、基本命中の違いと合わせると実際の命中率は7%も底上げされることになります。
この違いは実際の数字以上のものを体感でき、特にPC戦でガンダムなどの強固な高壁を仕留める時には段違いの威力を見せてくれる事でしょう。
殲滅時間の短縮はそのままVP効率に直結しますので、間違いなくドムキャの価値はとてつもなく高いです。

最大HP216というのも、とっても使い易くてGoodです。
上はHP240、下はHP192まで融通が利きます。
搭載合わせ用のザクキャ☆やジムキャとも相性の良い数値ですので、編成内の射撃のHPが揃え易いというのは小さからぬ長所です。


何から何まで高性能を誇る一方で、”贅沢な悩み”も。
まずザクキャ等から移行する際に先制値調整が難しくなるという一面が^^;
ドムキャ導入を見越して先制値調整を行っていくか、場合によってはマシンガンを装備して一時的に先制値を調整するという手もあります。

移動力4あるのは長所なのですが、
汎用で移動3のMSを壁としている際などには突出事故に注意ですね。
ドム系には「装甲↑」の改造を施せないという特色がありますので、人によっては移動力の制御が悩みの種になるかもしれません。

あと搭載18がこの時点ではちょっと重めです。
発売段階で3機揃えて編成内にいれるのは厳しいかと。
ですが終盤になればその問題も緩和されますし、搭載は攻撃力の数値に準拠することから、最終的には適度な重さになるかと思います。

ただ場合によっては高壁の搭載値で問題になることが。
専用イフ改なら問題ないのですが、初期ゲル/CAやドワッジなど低修理高壁を立てる際には強狙いNPCの存在を意識せねばなりません。
その際には無用な事故が起きぬ様しっかりと調整しましょう。



さてドムキャの性能評価を致しましたが、どれを取っても優秀そのものです。
そしてドムキャの存在意義について最も重要なこと。
それは後半に登場する鹵獲機のジムキャⅡに匹敵する能力があることです。

以前においてジムキャⅡの能力は他のMSと一線を画していましたので、最高のVPパフォーマンスを実現するには必須の存在でした。
いえ一線を画すどころか、他の射撃機なんて比較にもなりゃしないほどの高性能過ぎな機体。
ジムキャⅡを何機積むかで他者とのアドバンテージが決まるといって過言ではない程です。
その為にジオンVPではジムキャⅡ獲得の為の過当競争が繰り広げられていた経緯があります。
取得している人と、していない人の格差。
特に単垢の方ならば否が応も無しにそれを痛感させられてきたのではないでしょうか。

それでも総合的に見たらジムキャⅡの方が能力高いと思うのですが、
「ドムキャがあれば充分に代用が利くようになった」
という意味は果てしなく大きいのですよ!!


ドムキャの登場による影響はジオンVPだけに留まっていない様です。
ノアでは顕著に出ているのですが、この時期のジオンVPの地上志向が一段と強くなった反面、連邦VPの宇宙志向が強くなっています。
これはジオンランカーを避ける連邦ランカーの思惑があるであろうことは想像に難くありません。
この影響の波及はドムキャの時期だけでなく、もっと早い段階からそれが現れていることは、これまでのノアジ日誌でのランキング表で明らかとなっています。

ドムキャはまさしく「VPの変革者」と呼ぶに相応しいMSですね。



しかしこれだけ優秀な能力を持つMSが、先行投票の結果次第でTec13で発売さるのはちょっと早過ぎる気がしないでもないです。
間違いなく終戦まで活躍できる機体ですから、そうなると他の射撃候補が使うまでも無い状況になる弊害もあるかと。
Tec13からジオン最強射撃機が使用できてしまう訳で、だからこそ”距離4射撃パイを複数導入する人の増加傾向”は当然の結果と言えましょう。
これがTec18とかの登場とかだったらまた話は全く変わってきたのでしょうね。


余談ですが、逆にもっと早く登場して欲しかったのがザクスナイパー
スナイパーと銘打っているのにも関わらず、ライバルはジムSCではなく先地ジムという、なんとも微妙な立ち位置。
搭載13は軽くて良いのですが、逆に言うと搭載13相当の火力でしかありません。
VPで修理値の掛かる射撃機をとして使うにはいくらなんでも旬が過ぎています。
これがもしPグフやPドムの頃に発売されていたなら・・・・と悔やまれますねぇ。


もう一つ余談で。
ドムキャはマシンガンを標準装備していますが、まあ取り外して先制値を上げる為だけの物・・・・・・というのが一般の認識。
なんですが、これの攻撃力に着目してみると40×4
同じ量産機で同搭載のゲルMやジムカスのマシンガンよりも攻撃力が一つ小さいです。

”第二世代MS”とでも表現しましょうか。
これはジオンならTec15以降、連邦ならTec14以降のMSは火力がワンランク上に設定されているが為の差異です。
(いずれも先行投票の結果は考慮せず)
ですので同じ搭載で編成を組むにしても、通常であるならば第二世代のMSで固めた方が火力底上げに繋がり合理的です。
無理して6機編成等にしてまで”前世代MS”で構成する価値は相対的に小さくなる、という”仕様”となっています。

ですがドムキャノンは前世代MSにも関わらず第二世代MSに全く引けを取らないことからも、如何に優れたMSであるかをうかがい知る事ができますね。




ドムキャ発売ということで、私も早速導入しましたよー!

ドワッジ・寒ジム・ドムキャ・ドムキャ・ジムキャ(搭載82)

寒ジムとジムキャで搭載を浮かし、更に中尉昇進分と勲章、全てを活用して編成にドムキャを2機入れることにしました。


実際に使用した感想。

「いや~ドムキャ強いっす。」

面白味も何もないコメントですが、まあこの一言で充分かとw
命中高いし、2Hitでダメージ130越えもザラ。
殲滅時間は飛躍的に短縮されているようですよ♪


上記の編成は高壁ドワッジにしての300編成
現在のNPC編成は惰弱ですので、NPCでの効率を求めるなら300編成が良いと判断。
NPC相手の効率にはかなりの手応えを感じています。

しかしやはり問題はPC戦
作戦のまだ序盤なのですが、今のところ妙~に負けていますねぇ。
ドムキャを導入したのにも関わらず前作戦より酷く勝率が落ちていて、何とも腑に落ちない展開に。
隊長壁のNTレベルが遅れているのも一因しているのかも?
PC戦術やZOC等の準備は怠っていませんので、これからPC戦勝率が好転してくれれば良いのですが・・・・。


それと上でも触れましたが、高壁の搭載18の状態でドムキャを複数機積むと強狙いNPCの脅威が少しありますね。
まあNPCだけを考えるなら何とでもなるんですが、PC戦術を盛り込むと陣形が崩れ易くなりますので事故の心配が多少出てきそうです。

ですがジオンの射撃ラインナップを考慮するとドムキャの能力は明らかに別格
これまで射撃と高壁の搭載が被るのを自然と避けていたのですが、今回ばかりはそうも言っていられません。
ドムキャは無理してでも編成内に導入するだけの価値がある機体です。


今クールの構想の一つにドムキャを入れた低修理編成というのがありました。
この機会で存分に実体験し、効率的な運用の開発を行っていきたいと思います。



現在の編成

Lv31 中尉 搭載82 余り0 勲章+3
隊長壁:ドワッジ
NT壁:寒ジム
4射撃:ドムキャ
4射撃:ドムキャ
4射撃:ジムキャ

低壁は盾を持たせたNT壁を起用。
まだちょっと能力が心許ないのですが、今後メキメキと力を付けていくと思います。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

スッポン
  • Author: スッポン
  •  
    ジオンアカウント
    セパード・クランデューレ
    オデッサ出身 ダカールにて引退
    新たに少尉で復帰 ノアにて活動中

    連邦アカウント
    アーベル・シュナイダー
    リーア出身 キャリフォルニアにて引退
     

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。