GNO2 単垢VPの戦い方

単垢の為のバイブルを目指したVPブログです。
当ブログは左のサイドメニュー「カテゴリー」から閲覧する事を推奨とした作りとなっております。
原則としてリンクフリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

第4作戦の北米反攻作戦が発動されており、二日目を迎えています。

いよいよTec7となりました。
連邦・ジオンともに重要MSが発売され、ここから最前線VPは本格的に軌道に乗っていくことになります。

序盤戦は今から過去のもの。

「中盤戦」の幕が切って落されましたよ!



ランキング途中経過

ノアジ4作戦目 ジオンHVPランキング途中経過 ノアジ4作戦目 ジオンPVPランキング途中経過
ジオンHVPランキング   ジオンPVPランキング


ノアジ4作戦目 連邦HVPランキング途中経過 ノアジ4作戦目 連邦PVPランキング途中経過
連邦HVPランキング    連邦PVPランキング



作戦開始してからちょうど1日経ったところ。
Tec7の新機体に切り替わる直前の途中経過です。


「ジオンVP」
ジオンのHVP上位は宇宙が席巻。
宇宙のVP人口は地上よりと比較して少ないのにも関わらずです。

PVPでも宇宙の台頭が見られます。
しかし地上にしろ宇宙にしろ、この時点で”最前線VPに成功しているか否か”で、VP効率に明確な差が出ている状況です。



「連邦VP」
連邦ではPダム高壁の地上が主流。
射撃にはノーマルの陸ジムが多く、陸ジムなどを専用機化している人は僅かのようです。

このTec7で陸ジム☆ジムSCが発売されますが、搭載面を考えなければジムSCの方が圧倒的有利なのは間違いありません。
ですので搭載に余裕がある人は、ジムSCを複数導入する事でアドバンテージを得ることができます。

また宇宙VPの選択肢を得られるという観点からも、ここは搭載差がVP効率に大きく影響してきそうです。



ここから両陣営のランキングが一気に動く筈。

動乱のランキング競争は誰がペースを握ることになるのか?
注目してまいりましょう。




Tec7の投票結果です。

ノアジ Tec7 開発投票結果
Tec7 開発投票結果


なんてこった ・・・・。



ヅダ☆は妥当。

だがしかーし!
グフカスが選ばれたのは大々誤算でした。。。

この時点までの、そしてこの時点からのプランを練るにあたって、高機動後期ザクを前提とし過ぎたのが大失敗でした。
ここまで見事なアテの外れ方は、隊長の特化振りミス以外に記憶に無いかも^^;

前クールでは『グフカス39%:高機動後期52%』と両者に開きがあったので大丈夫かと思ったのですが。
Pドムと高機動試作ザクとの投票結果時にも感じましたが、確実に”ジオンの地上志向”は強くなっている模様です。



さて高機動後期が遅延したことにより、開戦当初から構想していたTec7での最前線編成プランは脆くも崩れ去りました。
未練がましいようですが、せっかくなので当初計画していた編成を紹介します。

専用高機動後期・ヅダ☆・高機動後期ザク/JR・高機動後期ザク/JR(搭載66)

唯一無二の虎の子専用機枠をここで投じるのですが、見ての通り注目すべき点はそこではありません。
カスタム機の高機動後期ザク/JRを2機積み、4機編成を構想してみました。

この時期の少尉では搭載がどうにもならず、まともに5機編成を構築することが困難なのは言うに及ばず。
「5機編成で搭載が足りないのなら4機編成にすれば良い」という逆転の発想。

さりとて機体数を絞るのだから、部隊の火力は可能な限り高めたい。
その為に火力の高い機体を導入すべき、けれど射撃に専用機枠はなく修理値も過度に重くしたくないという矛盾。
それを解決するのが高機動後期ザク/JRという訳です。
射撃機として導入したカスタム機2機の火力は伊達じゃない!・・・・・・はずw


Tec4の段階で前線に上がっていた場合。
Tec7時点でのレベル19で、ちょうど少尉で搭載66
レベルが上がるか勲章などで搭載に余裕が出来れば、低壁のヅダ☆をリックに代えるのも有効です。

そしてグフ/RRの貢献Pを差し引くと、貢献Pは43500~44000でほぼピタリ。
少尉で貢献Pギリギリなのですから、中尉ではもう無理です。
まさしく「少尉の為の最前線進出プラン」となる筈だった訳です。


高低エリがさほど脅威な編成で無い場合、射撃である高機動後期ザク/JRのHPを252で運用するのも手です。
高低差の幅は12と極小となりますが、4機編成の”総HPの低さ”によるVP損失を軽減してくれます。
もちろん高低コンボを頻繁に食らうようならVP効率的に逆効果になりますので、状況に応じて判断すると良いかと。

仮の話ですが、隊長気力にして得意距離や先制値など、ステ振りをこの時点で最適になるように調整すればそれなりのVP効率を出せるかもしれません。
ですがこの編成の最大の弱点として、修理値318秒と若干重いのでVP効率的にはどこかで限界が訪れることでしょう。
あくまで単垢少尉がTec7で最前線に上がることを主目的とした編成です。

単垢少尉では必ず編成のどこかに妥協を強いられますが、この編成では搭載不足を補う為に修理値を犠牲にしている形です。
ですが最前線での経験値効率は前線とは比較になりませんので、レベルと搭載はまたたく間に上がっていきます。
5機編成が構築できるだけの搭載と育成の準備が出来るまでの”つなぎ”と考えれば上等かと^^



とまあ練りに練った計画を開戦当初から進め、意気込んでTec7を迎えた訳ですが・・・・。

無念です。

もうこの編成を試す機会は無いでしょう。

けれど今回の失敗は教訓とせねばなりませんね。
計画も大事ですが、それを過信せずに臨機応変に対応できる姿勢を心掛けたいと思います。

今回のブログのコンセプトである”単垢少尉の参考”になるようにと考えていたのですが、こうなっては仕方がありません。
運良く直前に自力でゲットしていたレアもの機体、高機動ザク☆ジムキャノンを使用して編成プランを急遽練り直しました。
更に先日に二つ目の勲章をゲットしましたのでそれも活用します。

高機動後期ザク/JR・ザクⅡS/CA・高ザク☆・高ザク☆・ジムキャ(搭載69)

無駄に豪奢な編成で不本意ではありますが、背に腹は代えられません。

”赤いMS”のシャアザクを低壁に入れることで可能な限り搭載を削りました。
当初導入予定の無かった憧れのシャアザクをこんな所で使うハメになるとは。。。

しかしそれでも搭載が足りないので、最前線にはレベル20になるまでの数時間を待ってから進出しました。
これでも最前線に出るにはちょっと頼りないものがあるのですが、最前線の高低エリがかなり弱かったのでなんとか戦えているみたいです。

その高低エリの編成はなんと ガンタンク×5!

過去最弱の高低エリで間違いないでしょう。
もはやギャグの領域かとw
これにより高低コンボのリスクは小さいものとなっております。

勲章2つ、レアもの機体、最前線のNPCの条件、と・・・・。
結果的として単垢少尉の参考には全くならないプランとなってしまいましたが、どうかご勘弁を^^;

この編成に踏み切ったのには唯一の専用機枠を温存することで、まだ宇宙と地上のどちらで定着させるかの選択肢を残すという目論みもあります。
予定が狂ったショックは大きいですが、早く頭を切り替えねばw



実は高機動後期が遅延した場合として、一応もう1つ別のプランも考えてはおりました。

高機動後期ザク/JR・リック・乙ザク☆☆・乙ザク☆☆(搭載67)

4機編成なのでどちらかといえば最初のプランに近いですが、カスタム機を3機導入するほどの貢献Pは無いので、射撃2機を乙ザク☆☆で代用した形です。

高低差が12しか作れないこと、強狙いから完全に守り切ることができないなど、色々と問題はあります。
ですがそれより何よりも、補給がべらぼうに掛かるのが最大のネック!
実現出来るだけの予算は確保しておりましたが、出来る限りこの編成は避けるつもりでいました。



とりあえずは上記の編成で最前線に放置し、翌日のNPC編成変更に応じてその後の身の振り方を考える事にしたいと思います。

現在の宇宙最前線のエリは弱いのですが、明日のNPC変更で凶悪エリートに変貌するかもしれないと思うと今は只々怖いっす。
NPCの変更によって凄く強くなったり、今回のように異常に弱かったりと、以前とは比べ物にならないほど編成面での落差が激しいですね~。




という訳で、今回注目のカスタム機はこれです。

高機動後期ザク/JR
高機動後期ザク/JR

”高機動型ザクⅡ後期型/JR”

「真紅の稲妻」ことジョニー・ライデンの愛機。
名前が無駄に長いっす。

通常のザク・バズーカでなく、ジャイアント・バズになっているのが特徴ですね。
ちなみにGNO2において、バズーカの性能については数値上での差は全くありません。
あくまで”見た目と気分の違い”という仕様となっておりますよw

高壁としてはHPが低く、低壁としては微妙にHPが高いこのMS。
性能を一見する限りでは”がっかりカスタム機”と見られることもあるかもしれません。

ですが射撃能力に関しては、射撃機体の少ないジオンカスタム機の中では優秀さを誇ります。
抜群の攻撃力先制値を有しているので、火力の高さには信頼できます。

特に先制値の高さについては高ザクやヅダよりも高いので、”派手な威力のマゼラトップ砲”を装備していると考えればその価値がより理解できるかと^^
地形補正と移動力4の恩恵も小さからぬ強みです。

難点なのは、射撃として使うには修理値5秒はどうなの?という部分です。
VP編成に射撃機として導入する場合は、上記プランの例のように特殊な条件下に限定されるかもしれません。


射撃機体として評価しましたが、壁の運用でもなかなかどうして悪くありません。

高壁としては最大HPが低いのが最大の難点ですが、最大回避59は専用高機動後期ザクを上回ります。
修理値も専用機より3秒も軽くなるので、最前線でのVPがかなり安定して”修理値を削る段階”になれば選択の余地ありです。

また今回のノアジのように高機動後期ザクの発売が遅れた場合に、専用機の代替機として導入するケースも考えられますね。

ただし低壁としては使い勝手はイマイチかと。
搭載17は低壁としては重く、HP合わせにスキウレ☆などの機体も必要になります。
当然として専用機枠があることが前提ですが、低壁に修理値かけるなら搭載とHPの軽い専用ヅダで事足りますね。



現在の編成

Lv20 少尉 搭載69 余り0 勲章+2
隊長壁:高機動後期/JR
部下壁:ザクⅡS/CA
射撃:高機動ザク☆
射撃:高機動ザク☆
4射撃:ジムキャ


この時点での予算
補給P 約100000
貢献P 43500~44000

今回の支出
高機動後期ザク/JR 貢献P21700
ザクⅡS/CA 貢献P16700
高機動ザク☆ 相場15000~30000?


”つまみ食い任務”ではジムキャと高機動ザク☆をゲット♪
勲章も手に入れましたので、今クールの任務運はすこぶる良いようですw

高機動ザク☆は1機はトレードによる購入。
高機動後期の発売遅延とヅダ☆の発売によって需要は低下していたのか2万で購入できました^^

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

専後期・・・

見てみたかった・・・
ジオンの4機編成VP・・・

  • 2008/07/08(火) 12:26:18 |
  • URL |
  • アキヒコ・トワダ #mQop/nM.
  • [編集]

カスタム機システムの享受

アキヒコさん、コメントありがとうございます^^

記事内にも思いっきり書きましたが、私も是非とも試してみたかったんですよー。
少尉唯一の特権である潤沢な貢献Pを、どうやったら最高の形で活用できるかを必死で考えましたからね~。

残念ながら今回は実現できませんでしたけれど、来クールは中尉を想定してまた違った貢献P運用法を考えていきたいと思います!


追伸:
現在アキヒコさんはPVP2位と、今作戦は宇宙で一気に飛躍なさいましたね~。
既に次の作戦のプランもお考えのことと存じます。
引き続き宇宙でVPなさるのか、それとも地上でスタートするのか、注目させていただきますよ^^

それと間違ってコメント二重投稿なさってしまわれたようですので、最初の方は無かった事にしておきました。

  • 2008/07/08(火) 22:36:29 |
  • URL |
  • スッポン #cSUsw1UE
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

スッポン
  • Author: スッポン
  •  
    ジオンアカウント
    セパード・クランデューレ
    オデッサ出身 ダカールにて引退
    新たに少尉で復帰 ノアにて活動中

    連邦アカウント
    アーベル・シュナイダー
    リーア出身 キャリフォルニアにて引退
     

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。