GNO2 単垢VPの戦い方

単垢の為のバイブルを目指したVPブログです。
当ブログは左のサイドメニュー「カテゴリー」から閲覧する事を推奨とした作りとなっております。
原則としてリンクフリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

作戦終了はTec6から間もなく。
サイド4反攻作戦は連邦の勝利に終わりました。


ゲージの進行度の伸びはとても緩やかなものだったのですが、2つの競合任務を落したのが決め手となりました。
どちらの競合も連邦有利での開始となっていたのが痛かったですね。

ただ序盤はほとんど伸びが見られなかった進行度も、中盤から徐々に伸び率が上がっていたようです。
Tec5ではPガンダムガンキャSMLが発売され、それが作戦進行率に直接影響するかと思っていたのですが、実際に影響が見え始めたのはTec5翌日の敵NPC変更のタイミングから。
抜刀隊の登場時期で普段それだけでもツライのですが、ここで前線の強狙いにガンキャSMLが登場し、他の編成も大幅凶悪化されました。
ジオン陣営は軽く阿鼻叫喚の図にw
無論、連邦陣営側の奮闘があったりと要因はそれだけではないでしょうけれど、
最前線から撤退するジオンVPも目立つ程でしたし、NPCの変更が作戦進行率に影響を及ぼした一例になると考えられます。


実はもう一つ地上にも競合任務があったのですが、これは7人目獲得の為の任務で作戦進行度には影響が無いものでした。
私はてっきり進行度に影響があるものと勘違いを^^;
こちらの競合はジオンの勝利。
私自身は7人目に興味は無いのですが、1作戦目と2作戦目に引き続きこの3作戦目も7人目が解禁とフィーバー状態ですね。
獲得して終盤まで温存する方もいるでしょうし、今クールのVPランキングには7人目が顔を覗かせる機会が増えそうな気配です。



次の作戦は連邦による地上の作戦で、水辺の多い北アメリカが作戦の舞台。
そして開始2日目には連邦自慢のガンダム、更にはジムSCが登場する予定ですので、7日フルタイムを待たずに陥落される可能性が高いかと思われます。

連邦の熾烈な攻勢にどこまで耐えられるのか?

今クール多数の人材流入を果たした”新生ノアジの底力”
その真価が問われる時が来たのかもしれません。



各陣営のランキング結果

ノアジ3作戦目 ジオンHVPランキング ノアジ3作戦目 ジオンPVPランキング
ジオン HVPランキング   ジオン PVPランキング


ノアジ3作戦目 連邦HVPランキング ノアジ3作戦目 連邦PVPランキング
連邦 HVPランキング    連邦 PVPランキング



「ジオンVP」
HVPの1位と8位、PVPの1位~3位の方は7人目持ちです。

ランキング内のほとんどが地上

前回の途中経過でもお伝えしたようにPドムで最前線が安定・・・・かと思いきや、翌日の敵編成変更でほとんど方が最前線から撤退した模様です。
これはちょっと予想外の事態でした。
今回は抜刀隊の登場だけでなく全体的にNPCが大幅に強化されたことで、VP競争にも多大な影響を与えたと見て間違いないかと。

ランキング内の編成を見ると専用Pドムは必ずしも必須ではなく、それよりもザクキャ☆が多いのが印象的でした。
搭載に余裕が出来次第、陸ザクや寒ザクから順次ザクキャ☆に入れ替えていく形。
ザクキャ☆の火力も頼りになりますが、それ以上に早い段階から距離4射撃を定着させたいという思惑が見え隠れしているしている様な気も。

それと今週は宇宙VPの躍進は見られませんでした。
宇宙VPを志していた方にとっては厳しい現実を突き付けられた気分でしょう。
主な要因で考えられるのは射撃MSのラインナップとPC戦事情、それにNPCの編成。
来クールも同じNPC編成とは限りませんが、どちらにせよ宇宙VPを狙う人は減少しそうな気配です。


今クールはあくまで”トライアル”ですが、この作戦は気力組の圧勝でしたね。
NT組はかなりの苦戦を強いられていたようでした。
NT組はサーバ移籍による成長Pハンデを負っている方が多いのですが、それを差し引いても苦戦が色濃く見受けられたように思えます。
3週目の作戦は状況によって最前線VPが要求されますし、気力組が有利な作戦になるのは疑いようの無い事実と考えられます。

しかしNT組もただ指をくわえて見ていた訳ではない筈。
地上・宇宙のVP戦場を含めて、来クールではまた違ったVP手法が見られるかもしれませんね。



「連邦VP」
HVP1位の方は前作戦に引き続き、見事な連続の1位です。
この時期に特に強い方なのかもしれません^^

予想通り、PダムとSMLの登場を機にVP争いのステージは最前線に移った模様です。
先宇ジム☆☆などの編成も見られましたので、どうやら宇宙VPの方が主流だったのでしょうか。

Pダムを入れず低修理で前線勝負されている方も居らしたようですが、最終的にはPダムの最前線VPには及ばなかったようです。

同じ最前線VPでもSMLを2機入れた4機編成と、SMLを入れない5機編成とに分かれました。
両者のどちらがVP効率的に優れていたかは定かでなく、NPC事情や育成段階など総合的に判断して編成を構築する必要がありそうです。

尚、作戦終了直前に陸ジムが発売されましたので、それを機に地上に降りた方もかなり居たようでした。
次の作戦開始はTec7の1日前になりますので、開始時のVPを地上に選ぶか宇宙を選ぶかで一つの明暗が分かれることになりそうです。



今週の順位です。

ノアジ3作戦目 成績
ノアジ3作戦目 成績

72位でした。

少々無理してでもと前線に上がってみましたが、やはりというか現実的に厳しいものはありました。

グフ/RR・グフ・陸ザク・陸ザク・ザクⅠ☆(搭載62)

前回でもご紹介しましたが作戦当初の編成です。
勲章入れてやっとこの編成で、壁の強度も射撃の火力も不足気味でした。
特にエリート戦ではほぼ全てで修理値を超えた戦闘時間が問題で、火力の不足は深刻だったといえます。

修理値305秒の編成でしたが、修理値の軽さの恩恵は皆無でしたね。
かといって専用機枠も搭載にも余裕が一切ないので、修理値を掛けたくても掛けれないといった境遇。
ちょっと選択の余地が見当たりませんでした。

来期以降の話になりますが、大尉以上になっていれば隊長に専用グフ、部下の射撃に1機専用マゼラを入れたいと考えています。
その場合Tec4まで待っても中古陸ザクが極端に安くなる訳でもないので、早ければTec3からの前線進出を検討するようになるかもです。


作戦開始当初は95位くらいでしたが、ザクⅠ☆を陸ザクに代えてからは戦闘も徐々に安定して順位は好転に。
途中のNPC変更で抜刀隊登場の脅威がありましたが、なんとか乗り切ることができました。

その抜刀隊に混じってガンガン攻撃してくる強狙いガンキャSMLの対策として、ザクキャ☆を導入。
このザクキャ☆には「強狙い」でSMLをストーキングさせ、SMLを優先的に潰すという作戦です。

グフ/RR・グフ・陸ザク・Cザク☆☆・ザクキャ☆(搭載65)

ザクキャ☆は当初搭載66になってからの導入予定でしたが、Cザク☆☆を入れることでレベル1つ分を繰り上げての編成。
修理値4秒余計に掛かってしまいましたが、ザクキャ☆の導入判断は正しかったと考えております^^

それでも油断するとSMLの攻撃を食らったりサーベルの連続ヒットであっさりと壁が落ちる場面がありました。
隊長NTで回避は充分も高壁としての強度が微妙なグフ/RRと、能力が未だ不十分な部下パイの低壁グフが強狙いの被害によるところが原因なので、現状ではある程度仕方の無いところ。

ですがそんな境遇でも、それまでのエリート戦と比べて戦闘時間が短縮されていた事でかなり助かりました。
これは前線エリが6機から5機に編成が少なくなったことと、仕様変更により”盾を持たないNPC”が増えたことに起因します。


ノアジ3作戦目 PC成績
PC戦 成績

搭載量で分が悪い割にはPC戦は好調で、8割以上の勝率でした。
私の編成でさえこの勝率ですので、上位陣は相当の勝率でのVP争いとなっていたことでしょう。
この時期におけるジオン陣営のPC戦の有利さは不動のものと思われます。


最終的には60位台を目指しましたが、最後は伸びが頭打ちとなり72位で作戦終了。

"順位が上がっていく充実感と"
"目標に届かない悔しさと"


順位的にはまだまだですが、目標順位を定めてそこに一喜一憂するVPの醍醐味は久々に味わえました♪
これぞVPって感じですね~。

正直なところ申せば、今クールの”ノアジPVPの層の厚さ”と少尉による”搭載の壁”を切に感じております。
ですが終戦までに最大であと71個もの順位を伸ばせる余地と楽しみが残っているのだと考えられれば、これもまたやり甲斐があるというもの。
今回の結果に悲観などはなく、むしろより一層燃えてきましたよー!

今後更に順位を伸ばしていけるよう邁進していく所存です。




上ではNPC編成の強化について触れましたが、
やはりその中でも特に印象的だったのがガンキャSML!

前線エリの強狙いにも登場しましたが、こいつぁ凶悪です。
基本命中の高さと×4攻撃の多段ヒットが脅威で、ちょっとした弾みでボッコボコに打ちのめされる危険性があります。
なーんと宇宙最前線の高狙いにもその姿はあったようで、まったく想像するだけで身震いがしますよ^^;


NPC編成については他にもジム指揮官用がかなり厄介な存在。
搭載が軽いせいか編成に数多くその姿が見られます。

しかしその搭載の割に素のジムと比べるとHP・回避・装甲・先制・攻撃力、その全てが二回りほど強化されている訳で。
NPCには”修理値”の概念がありませんので、これは今クールから適用されたNPC仕様変更で純粋にNPC編成が強化されたといって良いでしょう。

そして地上と宇宙で編成に差異が見られたりすることからも、今後のVPはより”運も味方につける”ことが必要な条件となってくるのかもしれません。


また盾や武装を外したMSも確認されており、ジム指揮官用の存在も相まって従来よりも必要とされる先制値が高くなる傾向になることが考えられます。
先制値調整に気を配っている方はお気をつけあれ。



ガンキャSMLをはじめ、NPCの編成の動向によって最前線VPのスケジュールが大幅に変わってくるかもしれません。
NPCとしてリリースされる機体の種類が増えた事により、今まで以上にNPCの編成がVPに与える影響が大きくなることは間違いないでしょう。

もしかしたらTec5直後の敵編成変更で、最前線にPダムが登場するなんて可能性も・・・・。
今から恐怖してしまいますね^^;




次の作戦が開始してから2日目となりますが、
できればTec7と同時に最前線に上がりたいなと考えております。

その為にクリアしなければならない大きな課題が幾つかあるのですが、
可能な限り積極的な姿勢で挑戦していきたいですね。



現在の編成

Lv18 少尉 搭載66 余り0 勲章+1
隊長壁:グフ/RR
部下壁:グフ
射撃:陸ザク
射撃:陸ザク
4射撃:ザクキャ☆


この時点での予算
補給P 80000~85000
貢献P 35500~36000

今回の支出
ザクキャ☆ 価格13200

25日目 定期補給 少尉2500
VPランキング報酬 1000

この時期ザクキャ☆の中古販売はほとんど無く、新品購入を余儀なくされました。
そういえば新品購入は、開戦時のマゼラ以来ですわw

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

スッポン
  • Author: スッポン
  •  
    ジオンアカウント
    セパード・クランデューレ
    オデッサ出身 ダカールにて引退
    新たに少尉で復帰 ノアにて活動中

    連邦アカウント
    アーベル・シュナイダー
    リーア出身 キャリフォルニアにて引退
     

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。