GNO2 単垢VPの戦い方

単垢の為のバイブルを目指したVPブログです。
当ブログは左のサイドメニュー「カテゴリー」から閲覧する事を推奨とした作りとなっております。
原則としてリンクフリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Tec3になりました。

現在、第2作戦のアフリカ降下作戦が進行中。
作戦はフルタイムまで続く見通しです。




まずはこちらを。

ノアジTec3 開発競合結果
グフ vs ジム 開発競合


Tec2の段階で発生する「グフvsジムの開発競合」の結果です。

開発競合は終始ジオンが押し気味に推移していましたが、ギリギリのところで連邦が凌ぎ切ってジム発売にこぎ付けた形です。

このジムの発売は直後の☆改良投票の対象になるかどうかが掛かっていますので非常に重要です。
今回の開発競合における結果は、次のサイド4作戦の戦況とVP戦線に小さからぬ影響を生むものと考えます。

仮にグフが遅れたところで、それは然したる問題にはなりません。
既に前線に上がっている人は専用陸ザクか寒ザクを導入しているでしょうから、自他共に現状維持を続けるのみです。
一部の人には痛手かもしれませんが、何とか割り切れる範疇かと。


ですがジムが遅延した場合については話が全く違ってきます。
まずジムを導入することでいち早く重量4機編成から軽量5機編成に移行することができること。
搭載や補給はたまた専用機枠など、多少なりですが連邦各プレイヤーの格差を埋める材料になります。
これが一つ。

もう一つはジム☆の発売可否で、これが非常に大きいです。
この時期の連邦にとってジム☆の恩恵の大きさは語るまでもないと思います。
ただしその影響は編成面だけに留まらず、次の作戦のサイド4反攻作戦へと波及するのです。

編成に組み入れ易いジム☆を導入することで、格段に宇宙に上がり易くなります。
サイド4反攻作戦は宇宙が舞台ですので、作戦進行率に確実な影響を及ぼすことでしょう。
状況次第では作戦成否の決め手にも成り得る要素です。
VPの人にとっても作戦の開始と終了スケジュールに”自分なりの都合”というものがありますので、常に作戦の進行具合には注目している筈です。

そして”もしジム☆が発売されなければ”地上に留まる連邦PCが増え、相対的に宇宙でのPC戦が減少することが予想されます。
Tec4では先行投票によっては高機動試作ザクが発売されますので、宇宙での活動を視野に入れている人にとっては重要な問題。
ジム発売が延期するようなことがあれば、宇宙でVPするジオンランカーにとって追い風となるでしょう。


まだアフリカ作戦の真っ只中ではありますが、
このように次のサイド4作戦へ向けて歯車は既に動き始めているのです。




Tec2でPグフ、Tec3でグフと続け様に重要機体が発売されましたが、現状の私としてはどちらもスルーです。
この段階で編成を整えて前線に赴くには些か負担が大き過ぎるという判断からです。

今しばらくその時期を待つことに致します。


ノアジTec3 開発投票
Tec3 開発投票

さて、今回の開発投票はいずれも今後のVPに影響するので重要です。

ノアジオンでは先行投票の方は高機動試作ザク、改良投票では寒ザクが有利と見ています。
ですがこの2体、運用場所は宇宙・地上と相反しているのがポイントですね。

次の作戦の為か、長期的な視野か、己の編成に利するものか。
VPだけに留まらず陣営全ての人にとっての思惑が、これら選挙の一票に籠められそうです。




Tec3で発売されたカスタム機です。

ビデオ録画も3倍モード
シャアザク

ザクⅡS型/CA
所謂一つの”シャアザク”

赤い彗星ご自慢のMSです。


最大回避は54と能力はなかなかのものですが、地形補正を考慮すると次のTecに出てくるグフ/RRの方が優先されそうです。
ただしその分搭載が軽く最大HP192も場合によっては低壁に使い易いこともあります。
移動力4は魅力ですし、汎用というのも考え方によってはメリットにもなりますしね。

上の話題でも触れたように、特に次の作戦から宇宙VPを視野に入れる場合には重宝するかもしれません。
この時期の低壁としては優秀で、その際には相棒の高機動試作ザクの存在がキーポイントになるかと。
ヅダ登場後でも修理値は掛かりますが、こと耐久力では分があります。

またTec3の時点でグフが遅延して適当な低壁が見当たらない場合、一時凌ぎという使い方・・・・・・は無いですね^^;

グフ/RRを待った方が何かと無難なように思えますが、場合によってはここでカスタム機を導入する余地はありそうです。
仮にVP用機体として見なかった場合でも、戦場を問わず壁にも射撃使えて尚且つ移動4ということで、この”汎用性の高さ”には特筆すべきものがあると言えます。


しかしながら、この赤いモビルスーツの真骨頂はそんなところではありません。

それは ロマン

「赤い緑黄色野菜」にはカロチンが豊富なのと同様。
「赤いモビルスーツ」には”ロマン”が豊富に詰まっているのですよ!!


Q:ザクの3倍の機動力~!? それって本当なんですかぁ?
A:ええ本当です。存分に脳内で3倍に動かしてください。

『GNO2よくある質問 Q&Aコーナーより抜粋(嘘)』

このように、GNO2世界をロマンで生きているという方にはオススメの一品ですw



そういえばTec2ではこんな機体も発売されていました。

ぽっちゃり系ゴッグ
Pゴッグ

”Pゴッグ”

この堂々たる風格、もとい体格。
まさに横綱に相応しい・・・・。
ちなみにPゴッグの"P"は「ぽっちゃり系のゴッグ」としても意味は通りません。
あしからず。


VPには縁の無い機体でしょうけれど、MPでは導入している方もいるようです。
命中の高いビーム兵器はこの時期貴重で、効率の良い任務達成に貢献してくれることでしょう。

ただ本音を言えばもう少し攻撃力が欲しいところ。
”メガ粒子砲”の名が付いている割には随分と控えめな威力。
こちらは限定機なのに、量産機のジムSCと比べても威力及び命中率が劣るのは如何なものかと。

HPが高いのは何の恩恵にもなっていないですし、もうちょい性能設定が優遇されても良かったですねぇ。



現在の編成

Lv13 少尉 搭載61 余り1 勲章+1
隊長壁:ザクF
部下壁:ザクF
射撃:ザクF
射撃:ザクF
射撃:ザクF

安く購入できる機会があれば、壁のザクFを高機動ザクにチェンジするのも良いかと。


この時点での予算
補給P 約55000
貢献P 27500~28000

今回の支出
中古ザクF 相場2000~3000

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

スッポン
  • Author: スッポン
  •  
    ジオンアカウント
    セパード・クランデューレ
    オデッサ出身 ダカールにて引退
    新たに少尉で復帰 ノアにて活動中

    連邦アカウント
    アーベル・シュナイダー
    リーア出身 キャリフォルニアにて引退
     

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。