GNO2 単垢VPの戦い方

単垢の為のバイブルを目指したVPブログです。
当ブログは左のサイドメニュー「カテゴリー」から閲覧する事を推奨とした作りとなっております。
原則としてリンクフリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 
1クール最後の作戦であるサイト3攻略作戦

連邦によってサイド3は遂に陥落し連邦の完全勝利となりました。
必死の抵抗もむなしく、ジオンは本土を守り切ることができませんでした。

作戦開始前は長期戦にもつれ込むだろうと予測していたのですが、結局6日間持ちませんでした^^;
今回のクールは連邦の皆さんがかなりの頑張りをみせましたね。


なにはともあれ、これでこのクールは終戦です。

こういった結果もたまになら良いと思います。
特にVPの人なら陣営の勝ち負けにはさほどの関心を持っていないことでしょう。
しかし毎度この展開になるようだと、両陣営の人口比率はもう歯止めが利かない状況に陥ってしまう恐れがあります。

来クールはジオンの頑張りにも期待したいですね。



各陣営のランキング結果

ダカジ10作戦目 ジオンHVP ダカジ10作戦目 ジオンPVP
ジオン HVPランキング   ジオン PVPランキング


ダカジ10作戦目 連邦HVP ダカジ10作戦目 連邦PVP
連邦 HVPランキング    連邦 PVPランキング



ジオンランキングHVPは接戦で順位の入れ替わりが激しかった模様です。
宇宙を放置場所としていた方が1位を獲得されましたが、最後の最後まで順位は入れ替わっていたようです。

全体的に314編成をしている方が多かったです。
PC戦の高勝率を実現するには、やはり☆☆限定機を外すには勇気がいるといった感じなのでしょう。
310編成の方もある程度はいましたが、その場合はジムキャⅡの存在が必要不可欠だったと思われます。

300編成で上位に喰らい付いている姿もありました。
しかしながら特にPC戦事情で厳しいものがありましたが、どこかでほんのちょっとでも流れを引き寄せる事が出来ていたなら、ガラッとVP効率は変わっていたと考えております。

敵NPCにはBDⅢがいました。
特に高低エリには4機もBDⅢが配置されており、気力隊長ではNT当てのロスが少なからずあったと思われます。
ただそれが数字的にどれほどのロスを生み、またPC戦効率にどういった影響をもたらし、実際にトータル面でのVP効率がどこまで変わってくるのかについては未知数な部分があります。
今回HVP上位に来た方々は”隊長がNTなのか気力なのか”非常に興味があるところです。


連邦ランキングではジムⅡの300編成が目立つようになっていました。

これは推測ですが、連邦から見て宇宙サブエリアではPC戦の遭遇率が比較的少なく、300編成の力が発揮できる環境になっていたと考えています。
ですのでダカ連では最終的にはBDⅢの修理値に限界が見えてくるという感じになるのだと思われます。
HVPとPVPの両ランキングではいずれも上位は300編成となっています。
といっても、どうやらダカ連では300編成が活躍する時期は割と短いようですので、あえてNT格闘を作成せずクールを通して満遍なくVPで結果を出すという方針も当然にアリですね。

HVPトップの方は頭一つ抜けていますが、それ以外は混戦模様だったようです。
ここで差を付けるには、何かしらの秘策が必要になることでしょう。

それと終盤の連邦300編成といえば、
ジムⅡ★・ジムⅡ・ジムキャⅡ☆・ジムキャⅡ☆・ジムキャⅡ☆(搭載89)
が定番といえます。
それに対しジムⅡ×3の”3壁”300編成というのはあまり見かけませんね。
火力面や部下パイの配役を考慮すると当然かもしれません。
ただ、無論扱い方によりますけど敵NPCによっては稼ぎの安定性が飛躍的に高まることがあるので、選択肢としての意味では皆無ではないと考えております。


連邦PVPトップは”あの御方”。
ここで初めてその通称で呼ばせて頂きます。
そう、”D准将”その人です。

クールを通して噂に違わぬ実力を見せ付けてくれました。
最終週はHVPに迫るほどのVP値を出していましたね。
そしてハイランク入りとなる来クールでは、成長Pハンデ無しの真の実力を発揮されることでしょう。
ダカ連のHVP情勢にどこまでその名を刻むことになるのか、今後も益々注目の存在として目が離せませんね^^



最終週、私の成績です。

ダカジ10作戦目 成績
ダカジ10作戦目 成績

1位でした。

最終週でもPVP1位及びHVP越えを達成し、有終の美を飾ることが出来ました♪
結果が出せれてとても嬉しいです^^


ダカジ10作戦目 PC戦績
PC戦績

HVPとは3000以上差を出し、結果としては十分に足るものだったですが、内容について課題が残る点もありました。
それはやはりPC戦績に他なりません。

作戦開始前に目標としていた勝率は8割だったのですが、結果はそれに遠く及ばずの6割ほどです。
負け数の比率でみるなら目標の倍も負けていることになります。
前作戦からはゲルMからガルに壁を強化し、それ以外にも可能な限り手を尽くせるところは尽くしたのですが、前作戦よりも勝率は悪化しております^^;

一時期なんかは妙に勝率が悪くなって、オンした時のログに”1勝10敗”なんてこともあり、トータル勝率も5割を切っていた時期がありました。
丁度その頃にはNPC強化と重なって一気にVP差を詰め寄られましたが、その後はなんとかある程度持ち直したみたいです。

もしかしたらPC戦の巡り合わせというものも良くなかったのかもしれませんが、最後の作戦ということで連邦の皆さんも気合が入っていたのでしょうか。
隊長NT-FAや、全攻5号機ガトリングなんかが出てきたら大抵負けますw

PC戦遭遇率については15~16戦に1回と、前作戦と比べてさほど差はありませんでした。
これは私の経験と憶測からになりますが、放置人口が拮抗している場合は2時間に1回くらいの遭遇率になると考えていますので、宇宙作戦地域では連邦人口の方が1.5倍くらい多かったのではないかと推測しております。
(それはジオン陣営が一方的に負けている裏付けにも・・・・)

正直なところを申せば、終盤のダカール鯖のPC戦事情を考慮すれば、300編成でも地上で放置していた方が楽にVPが出来ていたと考えております。
PC戦から推測する宇宙の放置人口比率から、地上のPC戦遭遇率は宇宙と比べかなり下回っていたことでしょう。
それに重量MP編成のほとんどが宇宙の作戦エリアだったですし、何より最大の脅威となる5号機は地上には現れません。
連邦のランカーも、地上に居るジオンランカーを避けてほとんどが宇宙サブエリアか宇宙作戦エリアに集結していましたし。

ですがそれでも経験として今後のVPに活かす為に、宇宙に拘りたかったのです。
地上のVPはいつだって出来ますしね。

そうして得たものはありました。
来クールはまた違ったVPをしていく考えですが、ここで得た経験は今後また色々な形で活かせていけると思います♪

自分のVPはこういった流れを繰り返すことで進化させています。
”リスクあるVPこそ近道”というのがモットーですよ!




さて最後の作戦も終了し、ダカールはこれにて終戦です。
(実はこのブログが完成した時には既に次のクールが開戦しておりますw)

近い内に今クールの総括を書きたいな~と思います。


一先ずはダカールの皆様お疲れ様でした!
来クールもまた宜しくお願い致します^^



現在の編成

Lv40 搭載93 余り0
隊長射壁:ガル☆
NT格闘:ガル☆
NT格闘:ガル
3射撃:高ゲル☆
3射撃:高ゲル☆

上記は作戦終了後の編成。
欲しかったガル☆は結局手に入らず、作戦終了直後のTecアップで普通に購入w
 
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

昨クールお疲れ様でしたm(_ _)m
PVPのV4およびハイ越えV3の達成おめでとうございます。クール序盤の失敗?を大成功に変える技量の高さにはますます敬服いたしました。
私には後光が見えていますよ(>_<)
PVPで通算1位を獲得できましたが、セパードさんとの実力差はまさに月とスッポン!!ですねw
新クール開始していますが、今クールもよろしくお願いします^^

  • 2006/12/12(火) 06:52:30 |
  • URL |
  • キリ #-
  • [編集]

1位おめでとうございます
さすがです えぇ 鬼ですね

・・・そっか・・・師匠は廃入りなんですね・・・

今期・・・確実に順位が一つ下がる予定のマツジュンでした(´д`)

  • 2006/12/12(火) 12:22:52 |
  • URL |
  • マツジュン #yjwl.vYI
  • [編集]

本クールも宜しくお願い致します^^

>>キリさん
ご祝辞ありがとうございます^^

序盤の失敗はショックがでかかったですけど、逆にもうこれしか道は無いって感じで突き進みました。
開花は遅くなりましたけど、その分爆発力がある育成方針となりましたね~。
でももし隊長に気力を振った後だったとしてたら、さすがにお手上げだったかもですw

それと申し遅れましたが、PVP通算1位おめでとうございます♪
通算1位はキリさんだと確信しておりました。
ハイ入りとなるこのクールでも間違いなく上位に居続けるだけの実力がありますね。
少なくとも中盤までは、まさしく「月とスッポン」の如く、私スッポンは天に輝く月を見上げていることになるでしょうw
終盤でキリさんに追いつけるよう、これを一つの目標として新クールを頑張っていこうと思います。


>>マツジュンさん
ご祝辞はありがたく頂戴しておきますw
私も無事にハイ入りと相成りました^^

ちなみに私を師と仰ぐのであれば、一切の泣き言は許しませんよ!
とりあえず前期はHVP1勝でしたので、今期の目標は2勝が妥当ですかねぇ?
今クールは更に進化したマツジュンさんのVPが見れると楽しみにしているんすよー。

尚、「ダカジの帝王」と呼ばれるようになるまではダカジ引退は厳禁ですので、そのつもりで。

  • 2006/12/13(水) 22:48:14 |
  • URL |
  • スッポン #cSUsw1UE
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

スッポン
  • Author: スッポン
  •  
    ジオンアカウント
    セパード・クランデューレ
    オデッサ出身 ダカールにて引退
    新たに少尉で復帰 ノアにて活動中

    連邦アカウント
    アーベル・シュナイダー
    リーア出身 キャリフォルニアにて引退
     

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。