GNO2 単垢VPの戦い方

単垢の為のバイブルを目指したVPブログです。
当ブログは左のサイドメニュー「カテゴリー」から閲覧する事を推奨とした作りとなっております。
原則としてリンクフリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 
ここでは【VP豆知識1 ステータスの効果】で記述しきれなかった、
得意地形の費用対効果について説明したいと思います。




得意地形スキルの費用対効果は反応ステとの比較である程度判断できます。

得意地形スキルは1つ振ると命中・回避が各1%上昇するので、反応ステ2つ分の効果といえます。
そして得意地形スキルのコストは成長P350なので、その半分の成長175Pで反応1つと同等の効果を得られることになります。

ただし当然のことですが当該地形でないと効果は発揮されませんので、その値に地形の出現率で割る事で初めて費用対効果の”期待値”が算出されます。

例えば荒地が30%の出現率なら
175 ÷ 0.3 = 583(小数点切捨て)

水辺が10%の出現率なら
175 ÷ 0.1 = 1750

この例の場合、荒地なら反応ステのコストが583以上、つまりその時点で反応が58以上ならば得意地形の期待値の方が費用対効果が高くなると解ります。

じゃあ下側の水辺は?というと反応ステ175以上ということになり、これだけを見ると費用対効果は非常に悪いことになります。


また得意地形スキルのコストは最大まで取得すると成長P1750となりますが、これは最終的な反応コストのおよそ2つ分 = 命中・回避1%と捉える事ができます。
仮に当該得意地形スキルをMAXにした場合には、当該地形以外では1%の命中・回避の低下がある代わりに当該地形では4%のアドバンテージを得られる
といった考え方もできますね^^


ここまでで得意地形スキルの具体的な費用対効果の”期待値”を算出しましたが、
これはあくまで単純な期待値であって、実際にそれ以上もしくはそれ以下の効果になるのかは状況によって変わってきますので、なかなかに判断が難しいです^^;

例えばPC戦を想定した場合に、当該地形で命中・回避に最大5%のアドバンテージを得られるのは想像以上に大きなものだと思います。
VP争いでPC戦の勝率は最大級に重要といえますので、そのPC戦の高勝率を実現する上で得意地形スキルは重要な要素になり得ます。

それと水辺についてはVP値の損失率が他の地形と比べて大きくなりがちで、出現率が低いとしても水辺の損失率を抑える事で全体の損失率の向上を図るのが有効手になる場合も考えられます。

しかしそういった反面で、VPの舞台が地上と宇宙の両方に可能性がある場合に、得意地形の取得が足枷となってしまうことがあります。
上記の例で示すなら、荒地と水辺両方をMAXにしている状態で宇宙で戦おうとすると、常に命中・回避に約2%のハンデを強いられる事になります。
それは極限まで効率を追求するVPでは致命的といえるかもしれません。



結論

得意地形スキルの取得時期は反応値の高さで判断できます。

しかし得意地形の取得は地上か宇宙のいずれかにVPの舞台を絞る事になるので、
そのサーバでの戦況を考慮し十分に先の展開を見越しておく必要があります。


もしくは最終作戦を待ってから取得するといったやり方もアリかもしれませんね。
 
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

スッポン
  • Author: スッポン
  •  
    ジオンアカウント
    セパード・クランデューレ
    オデッサ出身 ダカールにて引退
    新たに少尉で復帰 ノアにて活動中

    連邦アカウント
    アーベル・シュナイダー
    リーア出身 キャリフォルニアにて引退
     

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。