GNO2 単垢VPの戦い方

単垢の為のバイブルを目指したVPブログです。
当ブログは左のサイドメニュー「カテゴリー」から閲覧する事を推奨とした作りとなっております。
原則としてリンクフリーです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

2作戦目が終了しました。

2作戦目の結果を発表します!


少尉大会 2作戦目順位表2作戦目 ランキング表


2作戦目を1位通過されたのはウンパさんでした!
早い段階から前線で安定されていた様子。
専用Pグフの導入効果をフルに発揮させましたね。
終盤には負けじと2位のセリンさんが猛追されましたが、最後にはその差を維持していてフィニッシュ。

3位のイシハルーラさんは素のPグフで3位を確保。
ここで専用機を切らずに上位に来れたことで、今後に大きなアドバンテージを得られたのは確実かと。
引退後のブランク明けですが、さすがは歴戦の実力者を思わせる戦いぶりです。

また4位のグラント・ヒルさんは非気力隊長という情報が・・・・。
前半気力・後半NTという図式が明確化されている中でこのご活躍。
これは今後の活躍が怖い存在になりそうです。




今回は早い段階で前線で活躍できていた人とそうでない人で、前回と比べると全体的にVP値に差が出ている様ですね。
順位についても前回上位だった人が今回は苦戦したりと、波乱含みの展開であったと思います。


まずはTec2がターニングポイント。
逸早く前線で安定するには専用Pグフが必須の存在です。

ここで専用Pグフを導入した方は9名
昇進するまでは唯一無二の虎の子専用機枠ですから、導入する際には相応の決断力を問われた筈。
特に気力隊長の人にとっては、クール通算でここを勝負どころと見極めたに相違ありません。
最前線進出までの期間、専用機導入による恩恵を最大限に得ようと努力されることでしょう。
隙あれば最前線進出を伺うといったアグレッシブな姿勢も、状況によっては見られるかもしれませんね。


Tec3ではグフザクS/CAが登場。
このタイミングで前線に上がった人も多かった模様です。
イベント内ではザクS/CAを部下高壁として、隊長はグフを低強壁とするスタイルが一部で流行りました。
普段はこの時期あまり見かけない構成ですが、これも新規少尉大会ならではのスタイルといったところ。
各人の工夫がこうした場面で見られます^^

Tec3翌日のNPC変更で前線エリートの強化が危惧されたのですが、ジム発売遅延の影響から前線エリートは昨今稀に見る弱体編成になりました。
専用機を切っていなくても乗り切れるほど温いNPCでしたので、状況でいえば専用機を導入した人にとっては歓迎できない展開であったと言えます。
これについては今後の展開にも影響してくるかもしれません。




私の順位はチーム内で8位、PVP168位で今作戦を終了です。

2作戦目は悩みの連続でしたね~。

Tec2の段階でPグフで前線も考えていたのですが、ここではその案は見送ることに。
部隊の育成が到底満足いくものでない等の理由もあります。
またこの時点で前線に上がるにはザクF/JRの導入が必須と考えており、今後のカスタム機運用を考慮して貢献Pの温存を選んだ次第です。

前線進出はTec3になってからと決めてからは、しばらく我慢の時間帯。
痺れを切らして素のPグフを導入しようか何度か悩みました^^;


Tec3のタイミングで前線進出。
実はPグフ☆☆の導入しようを考えていたのですが、今後の補給計画に無理が生じる為に断念しました。
補給27000Pは高いっすw

グフ・ザクS/CA・陸ザク・陸ザク・マゼラ☆(搭載59)

組んだ編成は低強壁に隊長グフ、高壁に部下ザクS/CAという上でも紹介したもの。
射撃にマゼラ☆を組み入れることで搭載に融通を利かせました。

編成を変えてからは順位を着実に伸びていきました♪
前線エリが弱かったのが追い風となったようで、この編成は相性が良かった模様です。

最終的にチーム内8位で作戦終了です。




イベント参加者のリンさんからの有り難いお申し出により、
作戦中に各人の順位の推移を表記した画像も紹介します。


2作戦目 順位推移(リンさん御提供)
2作戦目 順位推移表(リンさん御提供) *この画像はリンさんのブログからの転載です


上記の順位の推移表は、リンさんのブログ【GNO2放置日記】にて公開されているものです。

文中のリンクの他、【新規少尉イベント 参加者名簿】からもリンクを張らせて頂いております。
またリンさんのほかにも、参加者の中にはご自身のブログにてイベントの模様を書かれている方もいらっしゃいますので、そちらも併せてご覧になられてください^^




次の作戦ではTec5翌日のNPC変更、いわゆる”抜刀隊”の登場をどう乗り切るかが焦点となりそうです。

ただでさえ新規少尉で条件が厳しいのですから、前もって入念な準備をしておかねば大きくVP効率を損ねてしまう危険性もあるでしょう。
また一口に抜刀隊といっても、その構成内容によって難易度も変わってます。
抜刀隊の編成は要チェックですよ!

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

お世話になってます

お世話になっています。ルウムより参加のリンです。
当方のブログにて今作戦の順位推移を掲載してみました。何かのネタになるようでしたら使ってください。
今週のうちはダメダメでしたね~^^;

  • 2008/12/21(日) 23:42:40 |
  • URL |
  • Lin #ZoRGzwYg
  • [編集]

大変助かります~

>>リンさん
ありがとうございます!
お陰さまで、より多角的にイベントの模様をお伝えできると思います^^

少しデータを圧縮しましたが、それ以外はそのまま画像を転載させて頂きました。
もし何か問題がある際にはご一報ください。

ご協力感謝ですm(_ _)m

  • 2008/12/22(月) 23:52:39 |
  • URL |
  • スッポン #cSUsw1UE
  • [編集]

質問です

VP初心者です。
大変勉強になります。
質問ですが「抜刃隊」とは何ですか?
確かに、急にエリート兵士に勝てなくなったのですが、何が変わったのでしょうか。
ご教授下さい。

  • 2009/01/01(木) 02:18:18 |
  • URL |
  • ノアジ中尉 #SFo5/nok
  • [編集]

抜刀隊の所以

>>ノアジ中尉さん
”抜刀隊”とはTec5の翌日、それ以後から前線に配備されるエリートの総称です。
威力と命中が高い格闘攻撃(ビームサーベル)で攻撃してくることが多いのがその所以です。

また”への字エリ”とも呼称されます。

Tec5以前の前線エリは6機編成、更に初期の段階では7機編成で構成されます。
数こそ多いのですが、デプ・ロッグやフライマンタやザニーなど、構成ユニットの質が劣る傾向にあります。

しかし前線エリが5機編成に変わった途端に、先地ジムやジム指揮官用など性能の高いユニットで固められるので、そのタイミングで一気に苦戦を強いられることが多いのですよ~。
また上記で説明した様に、威力と命中の高い格闘攻撃を主として攻撃してきますので、ちょっとした弾みで味方壁があっさり撃破されてしまうこともしばしば。
ですので、Tec5の翌日のNPC変更は要注意ということですね。

ちなみになんですが、連邦側でプレイすると”抜刀隊”でなかったりします^^;
その理由は編成にグフ重装型やザクキャなど、格闘攻撃を持たないユニットで構成されることが多い為です。


VPは実際に肌で体感して初めて気付くことも多いかと思います。
是非とも多くを実践して、自らのVPを磨いていってください^^

  • 2009/01/02(金) 00:31:20 |
  • URL |
  • スッポン #cSUsw1UE
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

スッポン
  • Author: スッポン
  •  
    ジオンアカウント
    セパード・クランデューレ
    オデッサ出身 ダカールにて引退
    新たに少尉で復帰 ノアにて活動中

    連邦アカウント
    アーベル・シュナイダー
    リーア出身 キャリフォルニアにて引退
     

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。